△タックル・ショップなわけ
a0040059_19122939.jpg
§丁度一年前、この店をオープンした。店の名前は「タックルショップ・ダスク」。ダスク(DUSK)とは夕暮れ時の意味で、私の「たそがれ」た風貌によく合った店名だと思っている。お客さんからよく「タックルショップで、プロショップとしないのは何故?」と問われる。答えは簡単。私がプロフェッショナルじゃないから。

求道的なフライフィッシングには憧れるけれど、年齢と共にヘビーな釣行ばかりでは辛くなってきた。だからプロフェッショナルにはなれない。

でも、長い間フライフィッシングを楽しんできたことを活かして、クラシカルなタックルから、最新の装備まで、できる限り店に並べておくことに対してはプロフェッショナルだと自負している。

§釣りそのものを楽しむことと同様、タックルをお気に入りで揃える楽しさを知っている人達に是非訪れていただきたい。おもちゃ箱をひっくり返したような店にしていくことが今の目標である。
[PR]
by ff-dusk | 2005-10-14 19:27 | 黄昏FF情報
<< ☆天白川河口でボラを狙う △ブログ開設 >>